病院と自力

あがり症の改善方法として主に病院での治療と自力での改善方法があります。

自分で行うあがり症対策に限界を感じた人は、悩み込んでしまう前に、病院に頼ってみてはいかがでしょうか。
何もせずに放置しておくことは、症状の悪化を招き、最悪の場合、他の精神疾患に繋がってしまう可能性もあります。

あがり症で病院へ行くことを恥ずかしがる必要はありません。
近年多くの人が抱えている悩みでもあり、一般的に認知が進んだこともあり、
今ではどうしても隠したいというほど抵抗のある病気ではなくなってきています。

 

病院での治療の場合、心療内科や精神科を尋ねることが一般的です。

病院では、診察を受けると、問診・カウンセリングなどを経て、薬物治療が行われることが多いです。
ここで注意して頂きたいのは、心療内科や精神科にいくと、すぐに薬を出してもらうことができるということです。
薬は症状を一時的に抑えてくれます。しかし、あくまでも一時的であり、根本からの克服ではありません。
例えるなら、お酒を飲んだ時にリラックスして、人前でのあがりや緊張、不安を感じにくくなるのと同じことです。
これにより、何年にも渡り薬漬けにされている人が増えているようです。
一度このような状態に陥ると抜け出すのも大変です。
こういった事例もあるので、医師と相談しながら、自分に適した治療法を選ぶようにしましょう。
薬に頼るのも決して悪い方法ではありません、合わせて心のケアをしていくことを忘れないようにしてください。

誰にも相談できずに悩みながら生活を送っていくのは辛いものです。
病院で先生に話を聞いてもらうだけでも、身体的にも精神的にもずっと楽になるので、一度相談してみるのもよいかと思います。一度行ってみればもっと早く行っていれば良かったと思いますよ。